2017年5月27日土曜日

夜の博物館 Noc Muzeow 2017

27, Maja, 2017
sobota

最近話題になったのが、こちら、友だちがシェアした画像です。
ポーランドはどうやらテロ(と呼ばれている行為)が起きていないらしい。見事にポーランド(スロバキア、リトアニア)の部分に赤がないですね。



ソースはこちらだそうです。これに関してはさまざまなコメント(ポーランドは移民を受け入れていないからだとか、こんなのデマだとか信じる信じないとか、)がされています。

20日の話をします。毎年このあたりの土曜日に行なわれるのが、Noc Muzeow と呼ばれる「夜の博物館」というイベントです。この一日だけは、夜中の12時1時まで、233ものワルシャワ市内の博物館や公共施設などが開放されます!19時以降は無料で入れます!専用のバス(無料シャトル)も走り、ワルシャワ市民なら誰でも参加する一大イベントだそうです。

地図を見てくださればわかるのですが、驚くべきは、このミュージアムの多さ(英語のpdfパンフレット)です。クラクフ郊外通りにある大統領官邸も、この日限定で公開されていたのですが、列が長すぎたのでパス(4時間待つと言われた)。悩んだ末、友人と、wedel (ヴェデル)と呼ばれるポーランドのチョコレート会社の工場見学に参加しました。この工場内は、この日と12月6日しか開放しないそうで、かなりの行列でした。チョコレート工場だからか、子ども連れが多かったです。2時間待ちました。
wedel の工場前。21時です。明るい!

中に入ると、まずはwedel 商品取り放題が(笑)。

たまーに、子どもがつまみ食いをしています。
そのあと、ガイドさんが色々と説明しながら中を進んでいきます。すべてポーランド語なので理解できませんでした(創設者や数字は聞き取れました)。


おばさんが手を振ってくれます。
長い間おつかれさまです。
そのあとは、チョコレートで作られたオブジェなどを見学して、最後に記念品をもらって写真を撮って、30分ほどで終了。

週明けには学校で、「Noc Muzeow どこまわった?」と、必ず聞かれました。そのくらい参加率の高いイベントなのかぁと、なんだかいいなぁと思いました。しかし「えー、19時から?ひとつ?まだまだだね」って言われ、、、上級者は午前中から戦略的にまわるのかもしれませんね。東京では可能なのだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿